イベント情報

Instagram

毎年8月1日~8月3日

周辺地域

長岡まつり

長岡まつり大花火大会
毎年8月2・3日の夕方から、信濃川河川敷で行われます。
新潟県内の片貝まつり浅原神社秋季大祭奉納煙火(小千谷市片貝町)、ぎおん柏崎まつり海の花火大会(柏崎市)と併せて越後三大花火と言われています。県内では、その開催場所からそれぞれ 「川の長岡」 「山の片貝」 「海の柏崎」 と表現することもしばしば。
花火大会は年を重ねる毎にスケールを増し、人々を魅了し続けています。
かつては同じ新潟県内の片貝まつりと、花火の大きさで競い合っており、現在打ち揚げられている正三尺玉よりも大きい三尺五寸玉を打ち揚げたこともありましたが、互いに大きくしていってもきりがなく、これ以上の大型化は危険が伴うことから、現在は長岡の正三尺玉、片貝の四尺玉というかたちで落ち着いている。

日本三大花火大会
長岡の花火は大曲・土浦と比べ 「花火を競う」 のではなく先述の様に長岡空襲や中越地震など自然災害といった慰霊・復興を表す為の花火大会です。このような歴史を知った上で三尺玉、そして花火大会のトリを飾るフェニックス花火を鑑賞すると大変感慨深く感動します。


 

平和と復興への祈り

大会プログラムの始めに戦没者の慰霊と平和への願い、震災からの復興の想いを込めた尺玉2発を打上

大会プログラムの始めに戦没者の慰霊と平和への願い、震災からの復興の想いを込めた尺玉2発を打上

ナイアガラ超大型スターマイン

大手大橋にかかる延長650mナイアガラの滝を再現する超豪華版の仕掛け花火とスターマイン

大手大橋にかかる延長650mナイアガラの滝を再現する超豪華版の仕掛け花火とスターマイン

尺玉100発

10号玉(尺玉)花火がほぼ1秒間隔でワイドスクリーン方式により打ち上げられる

10号玉(尺玉)花火がほぼ1秒間隔でワイドスクリーン方式により打ち上げられる

ワイドスターマイン と ミラクルスターマイン

スターマインを5台同時に打ち上げる色彩鮮やかなワイドスターマイン

スターマインを5台同時に打ち上げる色彩鮮やかなワイドスターマイン

数カ所から同時に打ち上がり、斜めの打上げ、横の広がり、縦の高さ、他とは一味違う奇跡のスターマイン

数カ所から同時に打ち上がり、斜めの打上げ、横の広がり、縦の高さ、他とは一味違う奇跡のスターマイン

正三尺玉とナイアガラ

直径90cm 300Kg、650mに開く正三尺玉と長生橋にかかる650mのナイアガラ大瀑布の同時打上

直径90cm 300Kg、650mに開く正三尺玉と長生橋にかかる650mのナイアガラ大瀑布の同時打上

天地人花火

長岡ゆかりの名将「直江兼続」の生涯を壮大なスケールで描く芸術性の高いテーマ花火

長岡ゆかりの名将「直江兼続」の生涯を壮大なスケールで描く芸術性の高いテーマ花火

復興祈願花火フェニックス①

黄金の不死鳥が連なって舞い上がる開花幅2.8Kmにも及ぶ超ワイドスターマイン

黄金の不死鳥が連なって舞い上がる開花幅2.8Kmにも及ぶ超ワイドスターマイン

復興祈願花火フェニックス②

黄金の不死鳥が連なって舞い上がる開花幅2.8Kmにも及ぶ超ワイドスターマイン

黄金の不死鳥が連なって舞い上がる開花幅2.8Kmにも及ぶ超ワイドスターマイン

越後三大花火と日本三大花火大会

越後三大花火(えちごさんだいはなび)
新潟県内で行われるぎおん柏崎まつり、長岡まつり、片貝まつりの3つの花火大会のことを指し、新潟県内だけでなく全国的に見ても屈指の花火大会です。それらの花火打ち上げ場所の特徴からそれぞれ「海の柏崎、川の長岡、山の片貝」と呼ばれています。

海の柏崎
ぎおん柏崎まつりは新潟県柏崎市で行われるまつり。

川の長岡
長岡まつりは新潟県長岡市で行われるまつり。

山の片貝
片貝まつりの正式名称は新潟県小千谷市片貝町の浅原神社秋季大祭。
片貝まつりの花火は浅原神社への奉納煙火です。

日本三大花火大会
大曲全国花火競技大会(秋田県大仙市)
土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)
長岡まつり大花火大会(新潟県長岡市)


 

<<前へ   |  一覧へ戻る  |   次へ>>

お電話でのご予約お問い合わせはこちら:025-758-4141

宿泊予約はこちら

メールでのお問い合わせ

アクセス

Page Top