イベント情報

Instagram

毎年9月9日・10日

周辺地域

片貝まつり

片貝まつり
四百年の伝統を誇る「片貝まつり」は、三尺玉発祥の地として全国的に知られている片貝町で毎年9月9日、10日におこなわれます。
 「筒引き」「玉送り」等の伝統行事や世界最大とされる四尺玉の打ち上げなど町中が花火一色となる熱狂的なお祭りです。

片貝まつりの花火は奉納煙火
浅原神社へ奉納する花火で、個人や企業が色々な想いを込めて花火を奉納します。
地元の他、新潟県内、関東地区や関西・東北、九州等全国各地から花火を奉納する人たちが増えています。
子供の誕生祝、結婚祝、家内安全、健康祈願、社業発展、物故者追善供養等、想いを込めて花火を 奉納します。
(例えば、こんなコメント=祝○○誕生、みんなに愛されるカワイイ女の子になぁれ)
想いを込めた花火一発毎に、コメントが放送されてから花火が打ち上げられます。
放送設備は、浅原神社周辺、町の中心部、無料花火観覧場所に設置されます。


 

筒引き/馬簾(ばれん)

9日の朝から午後にかけて行われる 「筒引き」

9日の朝から午後にかけて行われる 「筒引き」

纏(まとい)を披露する伝統行事

纏(まとい)を披露する伝統行事

筒引き
9日の朝から午後にかけて 「筒引き」 という伝統行事が行われます。
五部若の支部付近(片貝町八島)を出発地とし、各町内を回った後に浅原神社の境内へ上ります。
その年に成人を迎えた同級会を中心とし(大)若の連中が筒を引き、それぞれの町内を筒が通るときにはその町内の(大)若衆のうち成人を迎えたものより上の者が筒の上に乗り「皆々様の御精力により、やってくれや」と叫んで祭りを盛り上げます。

筒引き行事は、川下の三町内(五部、て組、三組)の伝統行事であったと言われています。
それぞれの町内で纏(まとい)を披露することも筒引き行事の一環となっています。
この纏の披露は、纏から垂れ下がる飾りから「馬簾(ばれん)」と呼ばれています。



 

4尺玉筒入れ

4尺玉ともなるとこの大きさ!!

4尺玉ともなるとこの大きさ!!

玉の大きさは直径約4尺(約120cm)、重量約420kg。
片貝まつりの場合、開花直前の玉高度約800m、開花直径約800m。
片貝まつりの正四尺玉打上用の煙火筒は、高さ520cm、厚さ1.8cmの鋼鉄製。

1985年(昭和60年)9月10日、新潟県小千谷市片貝町開催で永遠会(とわかい)。
小千谷市立片貝中学校第18回卒業生同窓会)の花火師・本田善治氏が打ち上げに成功し、当日付けで後日、「世界最大の打上花火」としてギネス・ワールドレコーズ(ギネスブック)に登録されました。
以来、正四尺玉の打ち上げは片貝まつりの定番となっています。
現代の花火の打ち上げ技術ではこの大きさが限界と言われてます。



 

豪華スターマイン

間近で見上げる花火の臨場感が凄い!!

間近で見上げる花火の臨場感が凄い!!

4尺玉

爆発時は空気が揺れて体に響きます!!

爆発時は空気が揺れて体に響きます!!

越後三大花火

越後三大花火(えちごさんだいはなび)
新潟県内で行われるぎおん柏崎まつり、長岡まつり、片貝まつりの3つの花火大会のことを指し、新潟県内だけでなく全国的に見ても屈指の花火大会です。それらの花火打ち上げ場所の特徴からそれぞれ「海の柏崎、川の長岡、山の片貝」と呼ばれています。

海の柏崎
ぎおん柏崎まつりは新潟県柏崎市で行われるまつり。

川の長岡
長岡まつりは新潟県長岡市で行われるまつり。

山の片貝
片貝まつりの正式名称は新潟県小千谷市片貝町の浅原神社秋季大祭。
片貝まつりの花火は浅原神社への奉納煙火です。


 

<<前へ   |  一覧へ戻る  |   次へ>>

お電話でのご予約お問い合わせはこちら:025-758-4141

宿泊予約はこちら

メールでのお問い合わせ

アクセス

Page Top