イベント情報

Instagram

毎年6月の第1木曜日から5日間

周辺地域

白根大凧合戦

~300年の伝統を誇る、勇壮な合戦絵巻~
大凧合戦は毎年6月の第1木曜日から5日間行われますが、開催日や時間が変更なる場合があります。

新潟市南区観光協会公式ホームページ

大凧合戦の始まり
 信濃川の支流、中ノ口河(川幅約80m)の両岸から畳24畳大の大凧を揚げ、空中で絡ませて川に落とし、相手の凧綱が切れるまで引き合う世界最大スケールの白根大凧合戦。
その始まりは、江戸時代の中頃、中ノ口川の堤防改修工事の完成祝いに、白根側の人が凧を揚げたところ、対岸の西白根側に凧が落ち、田畑を荒らしたことに腹を立てた西白根側の人が、対向して凧を白根川にたたきつけたことが、起源と伝えられています。
このため、凧が相手側に向かって揚がるように作ってあり、先人の技術に、さらに改良を加え、現在に至っています。
 各組それぞれに特色があり、揚がり方や掛け方に違いがあります。
どの組も伝統を守り、技術に改良を加え、一枚でも多く合戦することを目的に、凧を作りあげています。

巻凧(六角凧)
大凧のほか、巻凧(六角凧)も50組あり、期間中、東西に分かれて合戦を行います。

凧のサイズ
各組によって大きさや骨の数などに差があります。

大凧
横:約5m
縦:約7m
重さ:約50Kg


巻凧(六角凧)
横:約2.2m
縦:約2.8m

 

パレード

大凧合戦を盛り上げるパレード

大凧合戦を盛り上げるパレード

パレード(雨天中止)
白根小学校 → 新町通り → 須藤小路 → 本町通り → 大凧合戦会場


 

郷土愛が支える伝統の技と文化

人々の心が一つになる祭り、仏壇や鎌など伝統の技から生まれた工芸品。
代々の技を習得し、伝えていくその陰には、さまざまな苦労があります。
だからこそ、それは見る人に感動を与えてくれます。
先人の思いを受け継ぎ、後世に伝えていくエネルギー。
それは南区の人たちが郷土を愛してやまない心なのです。


 

凧合戦の楽しみ方 ~ルールと勝敗のポイント1~

王者の貫録

王者の貫録

いざ出陣

いざ出陣

其の一
川をはさんだ相手と揚げるタイミングを計ります。
最初に東軍(白根側)が西軍の(西白根側)の堤防めがけて揚げ、低空で相手を待ちます。


 

凧合戦の楽しみ方 ~ルールと勝敗のポイント2~

白根側堤防(東軍)と西白根側堤防(西軍)

白根側堤防(東軍)と西白根側堤防(西軍)

其の二
次に西軍の凧が揚がり、上空から相手の凧網を交差させ、真っ逆さまに水面に突っ込みます。
綱が絡み両方の凧が川に落ちたら、川の流れを利用して綱をより強く絡めます。


 

凧合戦の楽しみ方 ~ルールと勝敗のポイント3~

合戦終了3分前

合戦終了3分前

其の三
互いの綱を引き合って、相手の綱を切った方が勝ちとなり、期間中の通算成績で順位を決めます。
制限時間内で綱が切れなかった場合は引き分けで、両方の組が1戦0.5勝になります。
引き合う前に凧が離れ場合を 「ナキワカレ」 といい、勝負は認められません。
ここに紹介した勝負は基本的なパターンの勝敗の付け方です。
実際の合戦では複数の組が一緒に掛かることもたびたびあり、その状況により勝敗数の付け方が変わります。


 

白根の大凧は世界一

大空で絡み合う大凧

大空で絡み合う大凧

ギネスブックが認定
 凧合戦で揚げられる大凧は畳24畳の大きさで、約50Kgの重さがあります。
1980年3月には縦19.07m、横14.1m、重さ350Kgという大凧揚げに挑戦したところ、大空を13分間舞い続けました。
これは世界記録としてギネスブックに載っています。


 

MAP

場所 中の口川堤防凧合戦場
お問い合わせ 白根大凧合戦実行委員会事務局
電話:025-372-6505

<<前へ   |  一覧へ戻る  |   次へ>>

お電話でのご予約お問い合わせはこちら:025-758-4141

宿泊予約はこちら

メールでのお問い合わせ

アクセス

Page Top