イベントカレンダー

Instagram

2016年06月12日

その他

クロアチアピッチとサッカーキャンプ実績

2002年の日韓ワールドカップで、クロアチア共和国サッカーチームが合宿を行いました。十日町市とクロアチア共和国の友情を大切にしたいとの想いから、クロアチア代表チームがキャンプを行っ たグラウンドを「クロアチア・ピッチ」と命名しました。
Jリーグや日本代表も合宿を行っている非常に評価の高いグラウンドで、
これまで大変多くの代表選手、クラブチームの選手がクロアチアピッチで汗を流しました。
 

非常に縁起の良いクロアチアピッチ

2010AFC女子アジアカップ最終キャンプをクロアチアピッチで調整したなでしこジャパン。同大会を3位で通過し、2011年開催のFIFA女子ワールドカップの出場権を獲得しました。
翌年行われたFIFA女子ワールドカップでは悲願の初優勝!
大会MVPと得点王に、澤穂希選手が選ばれた時の鮮烈な印象が蘇ります。

 

クロアチアピッチ サッカーキャンプ実績

クロアチアナショナルチームの記念碑

クロアチアナショナルチームの記念碑

手入れの行き届いたクロアチアピッチ

手入れの行き届いたクロアチアピッチ

キャンプ日 キャンプチーム
2015.08.16-2015.08.23 U-16 日本女子代表候補
2015.07.27-2015.07.31 U-19 日本女子代表候補
2015.07.11-2015.07.12 アルビレックス新潟 レディース
2015.06.20-2015.06.21 アルビレックス新潟 レディース
2014.08.12-2014.08.13 横浜Fマリノスユース
2014.08.04-2014.08.09 U16 イラン代表
2014.08.04-2014.08.08 U16 日本代表
2014.07.29-2014.07.31 横浜Fマリノス プライマリー追浜
2014.06.19-2014.06.28 J1 横浜Fマリノス
2014.05.30-2014.05.31 アルビレックス新潟 レディース
2013.10.19-2013.10.20 アルビレックス新潟 レディース
2013.10.05-2013.10.11 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2013.08.20-2013.08.24 U-16 日本女子代表候補
2013.08.12-2013.08.13 横浜Fマリノスユース
2013.07.09-2013.07.11 U-17 クロアチア代表
2013.06.15-2013.06.22 J1 FC東京
2013.06.09-2013.06.15 J1 横浜Fマリノス
2013.05.25-2013.05.26 アルビレックス新潟 レディース
2013.05.12-2013.05.17 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2012.10.21-2012.10.27 U-19 日本代表
2012.09.23-2012.09.28 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2012.06.11-2012.06.18 日本サッカー協会 公認A級コーチ養成研修会
2012.05.13-2012.05.18 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2011.10.20-2011.10.25 U-18 日本代表
2011.09.25-2011.09.30 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2011.08.22-2011.08.29 U-15 日本代表
2011.07.19-2011.07.25 日本サッカー協会 公認A級コーチ養成研修会
2011.05.15-2011.05.20 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2010.09.26-2010.10.01 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2010.07.19-2010.07.25 日本サッカー協会 公認A級コーチ養成研修会
2010.07.02-2010.07.11 J1 アルビレックス新潟
2010.05.31-2010.06.04 Jリーグアカデミーコーチ研修会
2010.05.08-2010.05.15 なでしこジャパン
2009.08.28-2009.08.30 アルビレックス新潟 レディース
2009.05.29-2009.05.31 アルビレックス新潟 レディース
2008.10.05-2008.10.13 U-19 日本代表
2008.06.12-2008.06.19 J1 柏レイソル
2007.07.21-2007.07.28 J1 アルビレックス新潟
2006.10.14-2006.10.18 U-19 日本代表
2006.08.22-2006.08.26 Tepcoマリーゼ(女子サッカーなでしこリーグ所属)
2006.06.26-2006.07.02 J1 アルビレックス新潟
2005.10.12-2005.10.14 J1 東京ヴェルディ1969
2005.10.04-2005.10.08 J1 アルビレックス新潟
2005.08.31-2005.09.06 Tepcoマリーゼ(女子サッカーなでしこリーグ所属)
2005.08.01-2005.08.06 J1 アルビレックス新潟
2005.06.16-2005.06.25 J1 柏レイソル
2005.05.25-2005.05.31 U20 日本代表
2004.09.06-2004.09.13 U19 日本代表
2004.07.03-2004.07.11 J1 アルビレックス新潟
2003.06.04-2003.06.13 J1 横浜Fマリノス
2002.05.18-2005.06.02 日韓ワールドカップ クロアチア代表チーム

ジャパン・クロアチア フレンドシップハウス(クラブハウス)

Dr.ドラゴ・シュタンブク様からのメッセージ

Dr.ドラゴ・シュタンブク様からのメッセージ

P&R アーキテクツ

P&R アーキテクツ

ジャパン・クロアチア フレンドシップハウス

ジャパン・クロアチア フレンドシップハウス

「クロアチアピッチ」にはクラブハウスもなく利用者に不便をかけており、クラブハウスの必要性が叫ばれていました。
クロアチア共和国サッカーチームがキャンプを行い、その後始まったクロアチア共和国との長い交流の中から、前大使ドラゴ・シュタンブク氏から「クラブハウスの基本デザインを無償で提供したい」とのお話をいただきました、
そして、クロアチア共和国ザグレブ出身の建築家、ヴィンコ・ペネジッチ教授とクレシミール・ロギナ教授の「P&R アーキテクツ(ペネジッチ アンド ロギナ アーキテクツ)」から友好の証としてデザインの提供をいただき、2010年から「ジャパン・クロアチア フレンドシップハウス プロジェクト」として建設に取り組み、2002年日韓ワールドカップから10年目の節目の年となる、2012年7月にクラブハウスが完成しました。

 

アルビレックス新潟サポーター

家族でアルビレックス新潟を応援!!

家族でアルビレックス新潟を応援!!

クロアチアピッチに設けられた応援席

クロアチアピッチに設けられた応援席

飛翔する白鳥の王「アルビレックス新潟」
白鳥座の中でひときわ輝くオレンジとブルーの二重星が「アルビレオ」。新潟には白鳥が多く飛来します。
この白鳥をキーキャラクターに、オレンジには新潟の美しい夕日、ブルーが日本海の美しさが、それぞれ連想できるという3つの理由から、前身となる「アルビレオ新潟」が命名されました。
その後、Jリーグ会員の条件の一つである「チーム名称条件」をクリアーするためにチーム名称を変更する事に決定。
県民投票に委ねられた結果、アルビレオがさらにパワーアップし、サッカー界の王者に向かって羽ばたいて欲しいという願いを込めて「アルビレ(アルビレオ)」+「レックス(ラテン語で"王")」=「アルビレックス新潟」となりました。
※公式ホームページより

情報をシェアする

<<前へ   |  一覧へ戻る  |   次へ>>

お電話でのご予約お問い合わせはこちら:025-758-4141

宿泊予約はこちら

メールでのお問い合わせ

アクセス

Page Top