イベントカレンダー

Instagram

2018年03月07日

スタッフのつぶやき

今日3月7日は「サウナの日」

おはようございます。
モンヤです(◍︎˃̶ᗜ˂̶◍︎)✩︎

今日3月7日は「サウナの日」ですね。

1984年に公益社団法人日本サウナ・スパ協会が「サウ(3)ナ(7)」の語呂合わせから制定しました。
フィンランドが発祥とされるサウナは熱さと冷たさを交互に味わうのが基本です。サウナの一般的な入り方は、サウナ浴と水風呂を繰り返す「温冷交代浴」に、休憩を取り入れます。サウナで身体をポカポカに温め、あたたまった身体を水風呂で急速に冷やすことで、血管や神経に刺激を与えます。この刺激が身体を活性化し、様々な効果をもたらすと言われています。

 

あてま温泉には女性に嬉しい充実のアメニティとケア用品揃っています!

本館3階と別館7階にはサウナを設置

本館3階と別館7階にはサウナを設置

あてま温泉の広い洗い場

あてま温泉の広い洗い場

無料のマッサージチェア

無料のマッサージチェア

美肌効果でお肌ツルツル
サウナに入ると、蒸気や熱気で皮脂腺が活発化し、毛穴に詰まった汚れや皮脂が排出されます。
最初はベタベタしていた汗が次第にサラサラとした汗へと変化!!
老廃物を出し切りお肌ツルツル。


デトックス効果
身体が高温になる事で血管は拡張し心拍数が高くなります。すると、通常より多くの血流となり、筋肉に流れる血液も増えます。
発汗は、体に溜まった老廃物を排出しデトックスに効果があります。汗をかくことで交感神経が刺激されるため、スポーツをした様な状態になります。老廃物を排出し、痩せ体質を作ることにもつながります。

HSPが増加する
HSP(ヒートショックプロテイン)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。
免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、HSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながります。また、HSPには免疫細胞の1つであるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きもあります。 NK細胞は、ガン細胞などを撃退する細胞として注目されており、NK細胞が活発に働くとガン予防にもなると言われています。

 

情報をシェアする

<<前へ   |  一覧へ戻る  |   次へ>>

お電話でのご予約お問い合わせはこちら:025-758-4141

宿泊予約はこちら

メールでのお問い合わせ

アクセス

Page Top