イベントカレンダー

Instagram

2018年02月06日

スタッフのつぶやき

今日2月6日は「海苔の日」

おはようございます。
モンヤです(◍︎˃̶ᗜ˂̶◍︎)✩︎

今日2月6日は「海苔の日」ですね‼️

海苔は、古代から日本人に好まれている伝統的な食品!
私も大好きです。
海からの贈り物である海苔に対する感謝の気持を込めて、全国海苔貝類漁業協同組合連合会は、全国海苔漁民の総意として 1966年(昭和41年)「海苔の日」を2月6日と定めました。

 

「海苔の日」の由来

大宝元年(701年)に制定された日本最古の成文法典である「大宝律令」によれば、29種類の海産物が租税としておさめられていたとの事。そのうち8種類が海藻で、海苔がその1つとして表記されていたとか…この事から、海苔は産地諸国の代表的な産物として、大変貴重な食品であったことがうかがえます。全海苔漁連ではこの史実に基づき、「大宝律令」 が施行された大宝2年1月1日を西暦に換算すると702年2月6日となるため、業界の発展祈願の気持ちを込めて毎年2月6日を「海苔の日」と定めました。

※全国海苔貝類漁業協同組合連合会ホームページより

「へぎそば」と「花へぎ」

布海苔をつなぎに使った「へぎそば」

布海苔をつなぎに使った「へぎそば」

刻み海苔がのった「天へぎそば」

刻み海苔がのった「天へぎそば」

へぎそばとは
「へぎ(片木)」と呼ばれる器に載せて提供されることから、「へぎそば」という名で呼ばれるようになりました。
また、上杉謙信が奨励した麻織物「縮」。 その縮の糸を紡ぐ際に使われていた海草の「布海苔」が、そばのつなぎに使われていることも大きな特徴です。
厳選されたそば粉と布海苔を、職人が手間を惜しまず打ち上げた逸品。
そば本来の味わいと、そのツルツル感は、コシが強く、しなやかで喉越しの良いそばが十日町市や小千谷市、南魚沼市周辺では好んで食べられています。

そば屋さんのメニューには「へぎそば」や「花へぎ」なるメニューの記載がある場合がございます。
「花へぎ」はそばの上に刻み海苔がのった「へぎそば」です。
十日町市内には有名店が多くございますので、十日町市に訪れた際にはぜひ一度お召し上がりください。


 
「そば処 あてま」のメニューは こちら

 

情報をシェアする

<<前へ   |  一覧へ戻る  |   次へ>>

お電話でのご予約お問い合わせはこちら:025-758-4141

宿泊予約はこちら

メールでのお問い合わせ

アクセス

Page Top